hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

今月の花 archives

2018年7月の花

デルフィニウム / ワックスフラワー / エリンジューム / ブルースター / グニユーカリ

花茎が枝分かれして小さな花をつけるデルフィニウムは、花ぶりの良いところを切ってまとめ、ブルースターやワックスフラワーなど青や白色の小さな花と束ねます。不織布にたっぷり水を含ませて根元を覆い、ビニール袋などでカバーしてラッピングしたブーケは簡単に作れて、お礼など、ちょっとした贈りものにもおススメ。

2018年6月の花

ニリンソウ / アフリカンバジル / ラベンダー / ニゲラ /ナムラリア

口の広い花器に生けるときは、花を包んでいたセロファンなどをくしゃくしゃにして器に入れ、水を張ってから生けていくと安定します。ニリンソウのように丈の短いお花も生けやすいですよ。ニリンソウをある程度束にした状態で花器に生け、間にニゲラやバジルなどを差し込んでバランスを整えましょう。

2018年5月の花

クレマチス / アベチルベ / ライラック / ツインキャンドル / アジサイ / 千日小坊

ツル植物であるクレマチスは長さがあるので茎の先を水に浸けた状態で、花器に沿って巻いていくように花を配置しながら生けるとよいでしょう。クレマチスの花と花の隙間を埋めるようにピンク色の小ぶりな花を挿していくと、バランス良く華やかにまとまりますよ。

2018年4月の花

コデマリ / スノーボール

日に日に春らしさが増して百花繚乱の季節。今月は白く可憐なコデマリを選び、清楚に生けてみました。窓を開けると小さな花びらがはらはら揺れる姿が愛らしい、我が家のささやかな風物詩です。

2018年3月の花

桃 / ラナンキュラス / スイトピー

花屋の店先で可憐に蕾をつけていた桃の花。同系色の花と合わせて、柔らかく生けてみました。そういえば幼い頃、母と飾った雛人形はどうしたかしら。久しぶりに実家の母の声が聞きたくなりました。

2018年2月の花

スカビオサ / スイトピー / パンジー

バレンタインが近づくと悩ましいのは、甘党でないパートナーへのプレゼント。今年は花屋で見つけたチョコレート色の花を大人っぽくアレンジして、赤ワインを用意しました。今から帰りが待ち遠しい。

2018年1月の花

椿 / ワックスフラワー / テマリソウ / アイスランドモス

一年の始まりに誓った抱負は、たとえ一輪でもいいから暮らしにお花を添えること。“花生け初め”は、新しい春を厳かに迎える気持ちで、エントランスの飾り棚に椿をアレンジ。家の中でも四季の移ろいを感じられるような、心穏やかな一年になりますように。

2017年12月の花

クリスマスローズ / スカビオサ / 秋色紫陽花 / ユーカリポポラス / ハゴロモジャスミン

いつもは家族でにぎやかなクリスマス。今年は子どもがスキー旅行に行くというので、聖夜は夫の赴任先で、夫婦だけのディナーを計画中。高杯の器に載せたキャンドルを囲むように花を生け、ディナーには食卓に飾ります。久しぶりの静かな聖夜、エレガントに過ごしたい。

2017年11月の花

スズバラ / ファガス / ハスの実

春から始めたフラワーアレンジメント。自分ではけっこう上達したつもりでしたが、リースのアレンジは初めて。ドアに飾るつもりで作っていたのに、完成したら大きくなってしまって思わず苦笑。でも床に直置きしてみたら、意外にも存在感のあるオブジェのよう。お部屋の空気が秋らしくなりました。

2017年10月の花

ピンポンマム / スプレーマム / コンパクター / グレープアイビー

仏花のイメージが強い菊の花。少し目線を変えてクラシカルな器に生けてみました。空気が和らいで気持ちも落ち着き、ちょっぴり行き詰まっていた仕事も、少し気分を変えて考えたら…と、励まされたような気持ちになりました。