hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

  1. 春分

    - 末候

    [ 3/30〜4/4頃 ]

    雷乃ち声を発す

    かみなりすなわちこえをはっす

    しばらく鳴りを潜めていた雷が、春の寒冷前線の影響によって、久しぶりに遠くの空で鳴り始めます。春の訪れを知らせる風物詩、春雷の後は、陽気な日が続くことも多いのだとか。

  2. 清明

    - 初候

    [ 4/5〜4/9頃 ]

    玄鳥至る

    つばめきたる

    桜も盛りを過ぎると、南で冬を越したツバメをはじめとする夏鳥が、海を渡ってやって来ます。やがて巣を作り、夫婦仲睦まじく子育てに励む季節が訪れます。

  3. 清明

    - 次候

    [ 4/10〜4/14頃 ]

    鴻雁北へ帰る

    こうがんきたへかえる

    飛来した夏鳥と入れ替わるように北へ旅立つのが、雁などの冬鳥。群れを成して去りゆく姿は古来より春の風物詩として愛でられ、多くの詩人、俳人が歌に詠み伝えてきました。

  4. 清明

    - 末候

    [ 4/15〜4/19頃 ]

    虹始めて見る

    にじはじめてあらわる

    春雷が止み、にわか雨があがると、まるで霞のように、淡くはかなく浮び上がる虹。夕立の多い夏に向けて、色濃くなります。今年の初虹が見られるのはいつの日でしょう。

  5. 穀雨

    - 初候

    [ 4/20〜4/24頃 ]

    葭始めて生ず

    あしはじめてしょうず

    しとしとと降る春雨は、大地を潤し、作物を育む恵みの雨です。この頃になると、春も終わりを告げ、水辺の葦が芽吹き出し、水面から穂先を覗かせます。

  6. 穀雨

    - 次候

    [ 4/25〜4/29頃 ]

    霜止みて苗出る

    しもやみてなえいずる

    晩春の霜を気遣うこともなくなり、田植えに向けて種籾から芽吹いた苗がすくすくと育つ頃。田んぼの片隅で苗代が若草色に染まり、田植えのときを待っています。

  7. 穀雨

    - 末候

    [ 4/30〜5/4頃 ]

    牡丹華く

    ぼたんはなさく

    中国では“百花の王”として愛でられてきた牡丹が、大輪の花を咲かせる季節。幾重にも重なった華やかな様子は、女性の艶やかさを表現する代名詞としても知られています。

Flower

4月の花
コデマリ / スノーボール

日に日に春らしさが増して百花繚乱の季節。今月は白く可憐なコデマリを選び、清楚に生けてみました。窓を開けると小さな花びらがはらはら揺れる姿が愛らしい、我が家のささやかな風物詩です。

林 聡子 / ミニ・エ・マキシ フラワーデザイナー
ウェディングや各国大使館のレセプションパーティーでのコーディネートの他、企業の広告や店舗、イベントのディスプレイ、また新国立劇場メインエントランスのフラワーデザインなど幅広いジャンルで活躍中。
minietmaxi.com