hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

“もしも”の自然災害の備えは日頃から

地震や台風など、異常気象による自然災害や火災などは思いがけず起こってしまうもの。いざというときに落ち着いて行動できるように、事前の備えと、万が一起こってしまった場合の被害を最小限にくい止めるための対処方法を普段から心得ておきましょう。

普段からの情報収集と、いざというときの心構えを。

非常時の防災グッズは定期的にチェック!

断水や停電、そして避難勧告が出てしまったときにも慌てないよう、非常時に必要なものをシミュレーションして、必要不可欠な防災グッズを備えましょう。非常食や乾電池などの期限チェックも忘れずに。

避難場所や連絡方法など事前の情報収集が大事

最寄りの避難場所や職場から自宅への安全な避難ルートなど災害発生時に必要な情報を事前にしっかり集めておきましょう。音信不通状況での家族の集合場所や伝言サービスの活用方法など確認しておくのも大切。

直後の的確な判断と行動で二次災害への備えを

地震直後はガラスの破片などでケガをしないよう靴を履いたりして移動の安全を確保。また、断水に備えて浴槽に水を張るとトイレ用水などに活用できます。落ち着いてより安全に行動することを心掛けましょう。