hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

命と財産を守る“カギ”を大切に

セキュリティへの関心が高まる一方で、カギを紛失してしまう人や空き巣被害に遭ってしまうケースなどが増えています。あなたの命や財産を守ってくれる“カギ”を適切に管理していますか? なくすと危険なカギの大切さを、改めて見つめ直してみましょう。

カギの紛失は、セキュリティの危険信号。

まずは、侵入手段の1位、無施錠をゼロに!

警視庁の調査によると空き巣の侵入手段のトップは無施錠。4階建以上では表玄関ですが、3階建以下では窓からの侵入が最も多いのです。例えゴミ捨てなど短時間の外出でも必ず全ての施錠を確認しましょう。

紛失したらシリンダー錠の交換で、危険を回避

カギをなくしてしまったら、専門業者に解錠してもらうと同時にシリンダー錠を交換しましょう。万が一紛失したカギが戻ってきても合カギをつくられている危険性も。犯罪被害に遭う前に対策を講じましょう。

カギをなくさないために、保管方法を工夫!

そもそもカギを紛失しないよう保管方法を工夫しましょう。好みのブランドやキャラクターのキーホルダー、また音がなるものを付けるとカギの意識が高まります。伸縮ストラップでバッグに固定するのもおススメ。