hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

日頃から、自分でできる防犯対策

あわただしい年末へ向けてひったくりや空き巣、放火などの犯罪被害が増加する時季になりました。狙われないためには日頃からの心掛けが大切です。心のスキを狙われないよう、改めて住まいや生活を見つめ直して、自分でできる防犯対策を心掛けましょう。

行動のコツを覚えて、防犯意識を高める。

ひったくり被害に遭わないために!

ひったくりの被害者はほとんどが女性。バッグを車道側の肩や手に持つのは厳禁です。バッグはたすき掛けに、自転車カゴにはひったくり防止ネットなどスキを狙われないよう心掛けましょう。

イザというときのために、大声を出す練習を

危険を避ける心構えも大切ですが、もしも危険な目に遭ったとき大声が出せるようにカラオケボックスなどで練習を。「助けて!」よりも「ドロボウ!」、夜は「火事だ!」と叫ぶ方が効果は高いそうです。

万一に備えて、火災(家財)保険に加入を!

空き巣の被害で窓ガラスを割られたり、現金やパソコンなど家財に損害が出た場合も役立つのが、火災(家財)保険。また火災などの万一の賠償事故を発生させた場合も安心。未加入の方は加入をおススメします。