hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

室内干しの極意は“湿度の管理”

雨が続く梅雨時には避けられない室内干し。でも気になるのは生乾きのような臭いです。臭いの原因は落としきれなかった汚れと雑菌、そして湿気です。残った汚れが酸化したり、湿気で雑菌が繁殖して発生します。今回は臭わない室内干しの、洗い方、干し方テクニックをご紹介しましょう。

的確な湿度管理で、洗濯物も室内も心地よく。

室内干し臭の元、汚れと菌を残さない洗い方

まず雑菌を増殖させないためには、洗濯機の中に汚れた衣類を溜め込んだり、洗濯終了後に洗濯槽に放置しないことが大切。また汚れをしっかり落とすためには、雑菌の多いお風呂の残り湯はNGです。少なくともすすぎは水道水で行いましょう。洗剤の入れ過ぎもかえって逆効果ですのでご注意を。部屋干し用洗剤や柔軟剤の利用もおススメです。洗濯槽専用洗剤などを利用して、洗濯機本体や排水口を清潔にキープするのも忘れずに。

雑菌を繁殖させない、素早く乾かす干し方

洗い終わった後は、素早く乾かすために脱水時間を長めに設定して水分をしっかり取ったり、洗濯槽からすぐに取り出して干すなど、雑菌が繁殖しにくい環境を整えたり、乾きやすい状態にする工夫が必要です。干す場所は、湿気がこもりやすい壁際・窓際を避けて、風通しの良い部屋の中央や、換気扇を回しっぱなしの浴室や洗面室などがよいでしょう。特に雨の日の室内干しは湿気が部屋に充満しないよう、除湿器やエアコンのドライ機能、換気扇などを活用しましょう。また扇風機の風を洗濯物に当てて湿気を逃すのも効果的です。

ワザあり!室内干しテクニック

生乾きになりがちなのがパンツやスカートの縫い目。風が通るよう裏返して立体的に干すと乾きやすくなります。また、ピンチハンガーなどにまとめて干すインナーやタオルなどは、長・短や、厚手・薄手を交互に干して、極力洗濯物同士の間隔を空けましょう。Tシャツなども太めのハンガーに干したり、フード付きトレーナーや長袖シャツなどは逆さに吊るしてエリを立てて袖を身頃から離すなど布地が重ならないよう工夫すると、乾燥までの時間を短縮できます。シャツなどアイロン可能な衣類は、洗濯後すぐにアイロンをかけてから干すのもおススメです。