hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

室内干し臭の原因は、汚れと雑菌。
梅雨時のイヤな臭いとサヨナラするための、3stepのチェックポイント!

長雨で室内の湿度が上がる梅雨時は、洗濯物を室内干しすることでさらに湿気が充満してしまいます。部屋の湿気もさることながら、気になるのは生乾きのような「室内干し臭」。そのイヤな臭いの原因は、汚れや雑菌だということをご存じでしょうか。雑菌を繁殖させないようにするためには、洗濯前→洗濯→干す、の3段階でそれぞれに極意があるのです。

第1のステップは洗濯前。ポイントは「雑菌が繁殖する環境をつくらない」こと。 汗や汚れが付着した洗濯物を洗濯槽に溜め込んだままにしておくと、洗濯前に雑菌が繁殖することに。また毎日洗濯機を回していても、洗濯槽の裏側には驚くほどカビや皮脂汚れなどが溜まっているものです。洗濯してキレイにするはずが、洗濯物に雑菌を付けることになりかねません。洗濯槽専用洗剤で洗濯槽を定期的に洗浄しておくことを習慣にしましょう。

2ステップ目は洗濯ですが、お風呂の残り湯を使用するのは雑菌が多いのでおススメできません。少なくともすすぎ運転は水道水で行いましょう。洗剤は部屋干し用を使用しますが、入れ過ぎは要注意。すすいでも洗濯物に付着したまま残ってしまい、菌が繁殖する原因に。いつもより長めに脱水運転をしてから干すと乾きやすくなります。また、洗い終わった洗濯物を洗濯槽に放置してしまうのもNG。

そしていよいよ3ステップ目は、「干し方」です。 せっかく気をつけて洗濯をしても、干している間に雑菌が繁殖してしまっては元も子もありません。ポイントは「速やかに干すこと」と、「効率よく乾かすこと」生乾きにならないように素早く乾かせば、部屋干しの嫌な臭いから解放されますよ。下記のページでは、具体的な方法をご紹介していますので、ぜひ実践してみてください。換気扇や除湿器、エアコンのドライ運転などを活用して、室内の湿度管理をすることも大切です。

「洗濯前→洗濯→干す」3stepそれぞれの心掛けで、衣類はもちろん室内環境も快適にキープして、梅雨時を気持ち良く乗り切りましょう。