hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

D-room×マナー /012

気をつけたい賃貸住宅の住まい方ルール
集合住宅の共用廊下や階段は、
居住者全員が使用できるエリアです。

集合住宅の共用廊下や階段は、居住者全員が使用できます。ということは、専有して使用するのはNG。 「便利だから」「回収日までだから」と、自室前の廊下に自転車を置いたり、玄関ドアの前に読み終わった新聞紙や雑誌を積み上げたりしていませんか。

このように共用部分に私物を置く行為は、地震や火災などの災害時に緊急避難経路を妨げる恐れがあり、消防法禁止されています。「でもみんな置いているから、大丈夫じゃない」という自己判断禁物。もしかしたら、あなたの私物が日常の通行妨害になっているかもしれません。例えば各戸のベランダが共用部分であることは、意外と知られていません。また、以前「D-room life」でもお伝えしていますが、共用部分に置かれた私物は、建物火災の出火原因トップである放火の対象になる可能性が高く、防犯面からも危険です。共用部分の使用ルールについて、しっかり確認しておきましょう。