hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

カンタン!フライパンでつくる
焼きオクラとアジの南蛮漬け

オクラ

エジプトで古くから栽培されてきたオクラが日本で普及したのは比較的近年のこと。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルや、ビタミンなども豊富。ネバネバ成分が疲れた胃の粘膜を守るといわれる夏の緑黄色野菜です。

8月の食材は「オクラ」
さっぱりしていながらコクのある南蛮漬けは、夏にこそ作りたい定番メニューですが、暑い時季の揚げものは極力避けたいのが作り手の本音。そこで多めの油でアジを揚げ焼きにするレシピをご紹介します。材料の全てに火が通っているので安心、かつフライパンひとつで気軽にできる夏の常備菜です。

  • オクラ…10本(分量外の塩少々をふってうぶ毛をこすり取る。ヘタの先を少し切り落としてガクをぐるりとむく)
  • アジ(下処理して三枚におろしたもの)…2尾分(小骨を抜いてキッチンペーパーで水気を取り、3等分にそぎ切りにする)
  • ミニトマト…8個(ヘタを取って半分に切る)
  • オリーブオイル…小1 / 大3
  • 片栗粉…大2
A
酢…大3
しょう油…大1+1/2
水…大1
てんさい糖…小2
塩…ひとつまみ
赤唐辛子…2本(半分に折って種を除く)

作り方

  1. 各材料の下ごしらえをする。バットにAを合わせて甘酢をつくる。
  2. フライパンにオリーブオイル小1を熱してオクラを入れる。転がしながら全体に焼き色をつけ、1のバットに入れる。
  3. 同じフライパンにオリーブオイル大3を入れて熱し、アジに片栗粉をまぶしつけて並べ入れる。焼き色がついたら裏返して両面色よく焼き、2のバットに加える。プチトマトを加えて全体に甘酢をからめる。

photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

井上 裕美子さんフードスタイリスト

エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に『ヘルシー!トスサラダ』(ワニブックス)