hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

梅とラッキョウが利かせ味!
ふっくら食感、豚のショウガ焼き

梅干し

梅の酸味のもとであるクエン酸は、胃腸の働きを活性化して、疲労物質を分解する働きもあるので、夏バテ防止におススメです。

6月の食材は「梅干し」
黄桃色に熟した梅の香りが、店先に漂う季節になりました。お弁当には定番の梅干しですが、いつもの味にちょっと加えるとまた違う一皿に。6月はふっくら食感に仕上げる、ひと味違った豚のショウガ焼きをご紹介します。

  • 梅干し…3個(種を除き、梅肉をちぎる)
  • ラッキョウの甘酢漬け…40g(縦半分に切る)
  • 玉ネギ…1/2個(横7mm幅に切る)
  • 豚薄切り肉…250g
  • 小麦粉…大1/2杯
  • 油…大1杯
A
ショウガ…1片(すりおろし)
酒…大1杯
しょう油、みりん…各大1/2杯
ハチミツ…小1杯
  • キャベツ(千切り)、トマト(くし形切り)…適量
  • 作り方

    1. 各材料の下ごしらえをする。豚肉は小麦粉を薄くまぶす。
    2. フライパンに油を熱して豚肉を入れ、両面の色が変わったら玉ネギを加えて炒める。梅肉、ラッキョウ、Aを加えてからめる。器に盛り、キャベツとトマトを添える。

    photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

    井上 裕美子さん

    井上 裕美子さんの“ちょっとだけアドバイス”

    ショウガ焼きといえば下味に漬け込んでから焼くのが一般的ですが、肉質が硬くなってしまうのが悩みどころ。豚肉そのものに味を付けず、先に小麦粉をまぶしつけることで味が絡みやすくなって、しかもふっくらと焼き上がるのでおススメですよ。

    井上 裕美子さんフードスタイリスト

    エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に、『ヘルシー!トスサラダ』『いいことだらけの旬野菜で、今日なに作ろう。旬がおいしい台所』『玉ねぎヨーグルト』(いずれもワニブックス) ※『玉ねぎヨーグルト』は医学監修:木村郁夫