hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

トマト×モロヘイヤがみずみずしい、
夏のパワーアップそうめん

トマト

西欧では「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど栄養価の高いトマト。抗酸化力で注目のリコピン、βカロテンやビタミンCが豊富です。皮の赤みが強い方が旨み成分をより多く含むのだとか。

7月の食材は「トマト」
太陽をたっぷり浴びて実ったトマトは、イタリアで「黄金のりんご(ポモドーロ)」と呼ばれる夏を代表する野菜。そのトマトとモロヘイヤとのゴールデンコンビで、暑い時季の食欲減退にストップをかける、栄養満点の一品をご紹介します。

  • トマト…1個(1cm角に切る)
  • ミョウガ…1個(小口切りにして水にさらし、水気をきる)
  • モロヘイヤ…1束(堅い茎を取り除いてさっと茹でて冷水にとり、水気を絞って細かく刻む)
  • そうめん…2束
  • めんつゆ(ストレート)…200cc(冷蔵庫で冷やしておく)
A
オリーブオイル…小1杯
塩、てんさい糖…各ひとつまみ

作り方

  1. 各材料の下ごしらえをする。ボウルにトマトとミョウガを入れてAをまぶし、冷蔵庫で冷やす。
  2. そうめんは袋の表示通りに茹でて冷水で洗い、水気をしっかりきる。器にそうめんを盛り、モロヘイヤとトマト、ミョウガを載せてめんつゆをかける。

photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

井上 裕美子さん

井上 裕美子さんの“ちょっとだけアドバイス”

モロヘイヤは粘り気が出るまで細かく切ると、そうめんと絡みやすくなります。具材とめんつゆを冷蔵庫でしっかり冷やせば、喉ごしがより良くなっておいしくいただけますよ。

井上 裕美子さんフードスタイリスト

エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に、『ヘルシー!トスサラダ』『いいことだらけの旬野菜で、今日なに作ろう。旬がおいしい台所』『玉ねぎヨーグルト』(いずれもワニブックス) ※『玉ねぎヨーグルト』は医学監修:木村郁夫