hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

近藤典子さんの暮らしシェイプアップ講座 (撮影:岡本 卓大)

〔12分割収納法+α〕今月のチェックPOINT

「オン」「オフ」切り替えのための
パウダールームは清潔第一

使いやすいパウダールームは、「グルーミング・脱衣・洗面・掃除・健康チェック」がスムーズにできるかどうかです。理想的な配置ではなくても大丈夫! 狭いからとあきらめないで、あなたの優先順位を考えてみてください。限られたスペースだからこそ、暮らしの知恵を生かして使いやすさを楽しみましょう。朝の身支度を整える「オン」のスペースであり、メイクを落としながら「オフ」に切り換えるスペースでもありますね。特に6月から7月は梅雨の時季なので、湿気とカビの対策も重要です。毎日を気持ちよくスタートして終わらせるために、使いやすくて清潔なパウダールームを作りましょう。

POINT 1

鏡の裏はマグネットを使って、
出し入れのストレスゼロ収納!

とかく行方不明になりがちなメイクやマウスケア用品などの小物は、密閉容器に入れて棚の中の空きスペースに。マグネットシートを壁面に貼り、マグネットを密閉容器の底に貼ると、取り出しやすい優れものです。

今回使用したマグネットは、100円ショップセリアのもの。最近の100円アイテムの中で、私が注目しているアイテムの1つです。どんどん磁石の力が強くなってきているので、安心してご紹介できます。

POINT 2

小物の引っ掛け収納に役立つフックは、
形状が決め手!

鏡の裏面は粘着フックを活用。ビューラー、ハサミ、毛抜きなどの化粧小物を引っ掛けて収納できます。ワンアクションで出し入れでき、身仕度の時短になりますよ。 フックは引っ掛ける部分が「L」や「レ」ではなく、扉の開閉で落下しないよう「凵」を選びましょう!

POINT 3

洗面所のカビ防止は、「カゴにまとめる!」
洗面台下は、特に湿気が溜まりやすい場所。湿気でホコリが収納物に貼りつき、カビやダニのオアシスになりがちです。そこでカゴなどを利用してまとめて収納。
掃除の時はカゴごと外に出せ、ササッと終わらせることができて便利です。意外とホコリが溜まるので、カゴの底面もときどき拭くようにてください。

今月の暮らしプチアドバイス

洗顔後のタオルは最後の拭き掃除に
洗顔や手洗いの度に洗面台や鏡に飛び散る水滴や歯磨き粉。洗顔が終わったら、洗濯機に入れる前のタオルで鏡や洗面台、蛇口の水滴を拭き取る習慣を付けませんか。
蛇口の裏側も気になったら、タオルを細長くして蛇口の裏側にまわしてキュキュッと磨き拭きしましょう。日頃の小掃除が身に付けば、いつも清潔なパウダールームが保てます。

近藤 典子さん

近藤 典子さん住まい方アドバイザー

2000軒以上の暮らしの悩みを解決し、その経験から生みだされた近藤流の暮らし提案が好評。TVや雑誌などメディアや講演会での活動の他、企業との商品開発、住宅の間取り監修など幅広く活躍中。特に「暮らしアカデミー」校長として後進の育成に力を入れ「住まい方アドバイザー」の資格取得ができるスクールを東京・大阪で開講中。近著に『住まい方ハンドブック1・2』(東京書籍)がある。近藤典子Home&Life研究所のHPは、www.hli.jp