hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

〔12分割収納法+α〕今月のチェックPOINT

トイレグッズはトイレで完結。
プラスアルファ、楽しめる空間を。

生活の基本と言っても過言ではないトイレ。家の中で一番コンパクトな場合が多いので、“スペースを生かす”スキルを磨く初心者には、適しているといえるでしょう。ほんの少しの工夫で生活感を隠したり、インテリアや暮らしを楽しむことができるスペースです。この講座をきっかけに暮らしモードのスイッチをONしてくださいね。

POINT 1

リングタイプのタオルハンガーで
“ぶら下げ収納”!

トイレタンクの奥行きは15cm前後。タンクの側面に吸盤タイプのリング式タオルハンガーを付けて、トイレ用洗剤や消臭剤をぶら下げて収納。
手が届きやすく、目立たないのでおススメです。

POINT 2

トイレットペーパーの収納は
“突っ張り棒1本”で!

トイレの壁幅に合う突っ張り棒を、奥の壁から7~8cm手前に張って少し斜めにトイレットペーパーを並べるだけの、超お手軽収納方法。直接見せたくなければかわいいカフェカーテンを下げたり、好みの布や不織布で包みましょう。 ほこりよけにもなり、生活感を出し過ぎずにインテリアを楽しめますよ。

POINT 3

子ども目線で楽しむ工夫を!
便器の正面にハンモックタイプの突っ張り棚を縦に取り付けて、大好きな絵本やぬいぐるみの指定席に。下の突っ張り棒を少し手前に設置すれば、子どもの「好き」なものを置けて、トイレトレーニングの応援もなりますよ。

奥行きが少ない場所でも、突っ張り棒の縦使いで本や玩具を置くことができます。取り付けも簡単なので、子どもの目線で、高くしたり低くしたりも可能。
市販されているものもありますし、突っ張り棒と布を自分で組合せることもできます。今回使用したのは、「突っ張りファブリックラック」(平安伸銅工業)。

今月の暮らしプチアドバイス

Sサイズ突っ張り棚を2倍使い切りる方法!
トイレの幅はだいたい80cm前後です。市販の突っ張り棚はSサイズとなり最大限突っ張っても、棚の半分近くに「棚」の機能がありません。
そこで突っ張り棚のすぐ下の中央に、もう1本突っ張り棒をプラスします。生理用品やタオル等を入れたカゴなどが、安定感良く収まりますよ。

近藤 典子さん

近藤 典子さん住まい方アドバイザー

2000軒以上の暮らしの悩みを解決し、その経験から生みだされた近藤流の暮らし提案が好評。TVや雑誌などメディアや講演会での活動の他、企業との商品開発、住宅の間取り監修など幅広く活躍中。特に「暮らしアカデミー」校長として後進の育成に力を入れ「住まい方アドバイザー」の資格取得ができるスクールを東京・大阪で開講。現在2018年9月開講の第4期 申込受付中。近著に『住まい方ハンドブック1・2』(東京書籍)がある。近藤典子Home&Life研究所のHPは、www.hli.jp