Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

  1. 処暑

    - 次候

    [ 8/28〜9/1頃 ]

    天地始めて粛し

    てんちはじめてさむし

    日中はまだまだ残暑に悩まされますが、北から秋雨前線が南下してきて、ようやく暑さがおさまってくる時季です。雲の形も徐々に秋らしさを帯びてきます。

  2. 処暑

    - 末候

    [ 9/2〜9/6頃 ]

    禾乃ち登る

    こくものすなわちみのる

    稲や粟など穀物が実って日々大きくなりゆく時季。あとは台風などに負けず、徐々に稲穂が頭を垂れて田んぼが黄金に色づいてくるのを祈りながら待つばかりです。

  3. 白露

    - 初候

    [ 9/7〜9/11頃 ]

    草露白し

    くさのつゆしろし

    朝夕の空気がひんやりと感じられ、ようやく寝苦しさから解放されます。夜の間に草に降りた露が白く光るのを見かけ、秋の始まりを実感するようになります。

  4. 白露

    - 次候

    [ 9/12〜9/16頃 ]

    鶺鴒鳴く

    せきれいなく

    秋の季語にもあげられる鶺鴒(セキレイ)が鳴くようになる頃。 雌雄が仲むつまじい姿からか、 中国では相思鳥と呼ばれています。

  5. 白露

    - 末候

    [ 9/17〜9/21頃 ]

    玄鳥去る

    つばめさる

    春に南方から飛来して巣を作り、夏の間子育てをしていたツバメが越冬のために南へと帰る時季。畑や人に害を及ぼす虫を主食とする益鳥としても知られています。

  6. 秋分

    - 初候

    [ 9/22〜9/27頃 ]

    雷乃ち声を収む

    かみなりすなわちこえをおさむ

    春分の頃に鳴り始めた雷が秋の訪れと入れ替わるように鳴りを潜めます。入道雲に代わって、空高くウロコ雲やイワシ雲がよく見られるようになるのもこの頃です。

  7. 秋分

    - 次候

    [ 9/28〜10/2頃 ]

    蟄虫戸をふさぐ

    むしかくれてとをふさぐ

    虫たちが土の中へ隠れ、冬籠りを始める時季。昼夜の時間が同じになる秋分の日を過ぎて、人間の世界ではまだまだこれから秋本番ですが、虫たちは地中でじっと春を待つのです。