Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

シバトモのおきらく鳥♪日記 / 012

おかげさまで「おきらく鳥♪日記」、今回で1年になりました〜。ごくごく普通のおばさんコピーライター、シバトモです。これからも、どうぞよろしく。子育ても親の介護も経験し、もう人生後半戦。趣味はバードウォッチング、といっても、いっこうに上達しない万年ビギナーです。性格はいたってお気楽。そんな私がつづる日記。どうぞ、おつきあいください。

平成の終わり。 花街・向島の
ライブ・バーで、70年代ロックの頃へ タイムスリップしてきました。

スマートフォンひとつで、いつでもどこでも好きな音楽を聴ける時代になりました。昔から見れば夢のような環境なのに、なぜか音楽から遠ざかっています。いちばん熱中していたのは、CDもまだなく、LPレコードにいちいち針を落とさなければ音楽が聴けなかった頃。ヒマがあればレコードをかけ、ロック喫茶に通い、コンサートに出かける日々でした。音楽を心の底から求め、体中で音楽に浸る、そんな楽しさを、長い間忘れていました。その興奮と快感を思い出させてくれたのが、7周年を祝って訪ねた知り合いのライブ・バーでした。

江戸の昔から続く花街・向島にある「NINE LIVES」は、エアロスミスが大好きなスズさんとヒロキさん夫妻が開いているライブ・バーです。ヒロキさんのアコースティックギターをバックにシャウトするスズさん。その歌声とパワー、今だ衰えず! 至近距離で全身にロックを浴びる感覚は、ホントに久しぶりでした。ライブっていいなぁ、やっぱり!
初めてスズさんのライブを聴きに行った時の光景を今でも忘れません。観客が次々舞台に上がって、あらら、気づけば客席は空っぽ! 人をノリノリにさせ、ライブの楽しさに引きずり込んでしまうんです、スズさんのステージって。じつは彼女、店を始める以前は、私が仕事をいただいていた広告ディレクターだったのです。転身したのは、なぜ? 不安はなかったの? 「ロックが好きだから」「同じ苦労をするなら、やりたいことをやった方がいい」 好きを仕事にしてしまうなんて、スゴイ! 最近はレパートリーを広げ、ジャズも聴かせてくれます。「お酒を飲んでいたら、生演奏が始まって、気づくと音楽好きになっていた…そんなお店になれればいいな」と理想を語るふたり。お人柄による敷居の低さと居心地の良さが最高! 久々にライブに酔いました。
お伝えしておきたいことが2つ。意外に(失礼)料理がおいしい! 粋な芸者さんとすれ違うこともあります。

ある時期、日本のロックやブルースを生み出すエネルギーにあふれていた大阪。ちょうどその頃、大阪に住んでいて、その熱気を肌で感じていました。上田正樹や憂歌団のソウルフルなステージに夢中になり、ローリング・ストーンズやボブ・ディランが来ると聞けば、仕事は二の次?にして出かけたものです。
あの頃は、生活の中に音楽が充満していました。摂津富田(せっつとんだ)の借家には1本のギターとタンバリンがあって、友人が来ると、夫がギターでブルースコード12小節を延々と繰り返し、オンチも詩心ナシも、思い思いにつぶやき、歌い、叫んで盛り上がっていました。ま、トーキング・ブルースと呼ぶほどの音楽性は全然ありませんでしたが。漫画の主人公・青田赤道をもじった表札?「Red Ways」がぶら下がるその頃のわが家には、なぜか、やたらと人が集まってきたのです。そんなおおらかな時代は、はるか彼方。ギターは弾かれることもなくなり、ホコリをかぶったままです。

見る気もなくつけていたテレビから流れてきた「ザ・ローリング・ストーンズ展」の声! ストーンズ自らプロデュースした展覧会が五反田で開催中だというのです。「NINE LIVES」に行った直後という偶然。これは、行け!ということでしょう。さっそく駆けつけました。
ところで、ストーンズって何者?と思われた方に説明しますと、当時の若者は、ビートルズ派・ストーンズ派に二分されると言われたほどの人気グループで、結成50年を超えてなおロックファンを魅了中! ドラマーで女優のシシド・カフカさんも大ファンだそうですね。
しわが深くなったメンバー4人の写真と巨大なベロのマークが迎えてくれた会場。まず目に飛び込んできたのは、売れない頃、共同生活していた部屋の再現。起き抜けのベッド、汚れた食器、散乱する服、バンド名の由来となったマディ・ウォーターズのLPもあって、当時の生活をのぞき見る気分です。実際に使用されたギターやドラム、創作ノートなど驚くほど多彩な展示物。ミックのヴォーカルやキースのギターリフを自由にミキシングできる体験コーナーもあり、また、半世紀におよぶステージ衣装にも目を奪われました。写真撮影OKだったので、ちょっと衣装をご紹介。感動は会場を出た後も続き、わが家のリビングにもストーンズとロックが舞い戻ってきています。