hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

賃貸住宅の火災保険は、
火災の損害以外もカバーできる優れモノ

賃貸住宅の契約時に加入を勧められる火災保険ですが、本当に必要なの?と疑問に感じた人も多いのではないでしょうか。
しかし、保険は“ 転ばぬ先の杖 ”といわれます。本来、隣家からの火災被害は「失火責任法※」により、隣家からの賠償を受けられません。近年頻発している自然災害による被害も、国や自治体は個人の資産までは守ってくれません。自分の身は自分で守るしか手はないのです。
そんなとき火災保険に入っていれば、隣家や隣室からの延焼だけでなく、消火活動の放水で室内が水浸しとなってしまった場合や、自分が火元となり自分の住む建物や隣の部屋などに被害を与えてしまった場合の損害賠償責任リスクも、負ってくれるのが火災保険です。

落雷や風災・雹災・雪災、破裂・爆発などによる家財の損失に対する補償もあり、生活再建を支えてくれます。

「火災保険」という文字だけを見ると、火災による損害のみをイメージしがちですが、保険でカバーできる事故やトラブルの守備範囲は、意外に幅広いのです。実は日常生活の中で起こるかもしれないトラブルも、補償されることをご存じですか?

事例では、「ドライヤーを落として、洗面シンクを破損してしまった」「空き巣に入られて、パソコンや現金を盗まれてしまった」「洗濯機やお風呂の水が階下に漏水してしまった」などといった住宅設備関連のトラブルや、犯罪損害、逆に相手に迷惑をかけてしまった場合の損害賠償などが多く見受けられるとか。

さらに、カバーできる範囲は居宅内のトラブルだけではなく、例えば、自転車で走行中に、相手にケガを負わせてしまったという場合も、個人賠償の対象となりますが、これはあまり知られていないのではないでしょうか。

しかし、ここで気をつけていただきたいのが火災保険の期限切れ。いざ事故が起きてから失効していることに気付いて、「全額が自己負担!」というケースが意外とあるそうです。

保険の満期は賃貸借契約に合わせて2年の場合が多く、任意加入のため、契約時に加入したまま保険が失効していることに気付かない人が多いとのこと。何か起こってしまい、「などうして教えてくれなかったのか」と言われる人もいるようですが、更新のお知らせは引受保険会社から必ず連絡がありますので、契約更新前などは特に注意しましょう。

最近では6年間自動更新してくれるタイプもあります。この機会にぜひ、お手元の証券をご確認ください。

  • ※失火責任法:火元の故意または重大な過失による火災以外、延焼先に対する賠償責任は発生しないと定められた民法の特別法。