Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

技あり! 梅雨時季に、健康さえも脅かす
カビの発生を未然に防ぐためのメソッド。

ジメジメとうっとうしい梅雨の頃。カビは気付かぬ間に家のあちらこちらに繁殖してしまいます。住まいを傷めたり、食品を腐敗させたりするカビですが、人体に入り込み、肺や気管支に異常をきたしたり認知症の原因となるなど、健康を脅かすといわれています。一度発生すると完全に除去するのはかなり困難。この時季はカビが発生しないように、ぜひ注意したいですね。

カビの発生要件は、「湿度80%以上」「気温25〜28℃」「ホコリなどの汚れ」。これに「空気(酸素)」が加わると、カビはどんどん繁殖してしまいます。つまり、梅雨時季の室内は、これらの条件が揃うパラダイスともいえます。

それならば、カビを発生させないために「湿度を低く抑える」「室温を25℃以下に保つ」「汚れ、ホコリを溜めない」「空気の流れを作る」という対策を講じれば良いということになりますよね。

汚れは小まめな掃除を心掛けるとして、やっかいなのは気温と湿気。夏に掛けて気温は上がり、梅雨の頃は特に、キッチンやバスルーム、洗面所など水回りに湿気がこもりやすいので気を付けないといけません。
一番簡単な対策は、「換気扇を回す」というシンプルな方法。バスルームやキッチンは入浴中だけでなく、ずっと回しておくことでより湿気がこもりにくくなります。

リビングルームや寝室は「24時間換気システム」が効果的です。約2時間で室内の空気が入れ替わり、結露やカビを抑制するといわれていますが、この時季はエアコンや除湿機などを活用して、室内の温度と湿度が上がらないようコントロールしましょう。
「Webはのん」の過去記事でも、バスルームや洗面所、クローゼットの湿気やカビ対策をご紹介していますので、ぜひ試してくださいね。


入浴後のひと手間でカビを遠ざける方法【バスルーム&洗面所】
living 017 結露撃退でラクラクお掃除!

収納スペースのカビ対策【クローゼット】
living 013 油断大敵! 夏こそ取り組む、結露&カビ対策。

湿気&カビを上手に遠ざけて、梅雨のジメジメ期を快適に過ごしましょう。