Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

急増中!巧妙化する特殊詐欺や悪質商法にご用心!

昨今、特殊詐欺や悪質商法が急増しています。特に今般のコロナ禍に便乗した給付金詐欺や還付金詐欺、検査薬、治療薬開発に関する詐欺も発生しており、全国の国民生活センター(※1)には、さまざまな相談が寄せられています。

ステイホーム期間にネットショッピングを利用する人が増えたことに比例して、「身に覚えのない商品が届いた」「個人情報を略取しようとする不審なメールが増えた」などの相談も急増しています。

狙われているのはもう、お年寄りだけではありません。悪質な送り付け詐欺や不審メールが届いたとしても、落ち着いて正しく対処すれば被害を防ぐことができます。
次に紹介する3つのポイントに注意して、詐欺から身を守りましょう。

1. 覚えのない商品は受け取りを拒否。
注文した覚えのない商品や送り主不明の荷物は、後で代金を請求する送り付け詐欺の可能性があります。受け取らないようにします。宅配ボックスに入っていたり、勘違いで荷物を受け取ってしまった場合は、荷物の開封せず(開封してしまっても中の商品は使用せず)、差出人に問い合わせて返却手続きを取りましょう。それで解決できない場合は警察か消費者ホットライン(※2)に相談しましょう。

2. 不審な電話や訪問には、慌てずに対応。
近頃多いのが、還付金や給付金詐欺です。行政や公的機関の職員を名乗った電話や訪問があった場合は、まず詐欺を疑うこと。マイナンバー、銀行口座、クレジットカード情報などの個人情報を、言葉巧みに聞いてきますが、絶対に教えないようにしましょう。アクションを起こす前に、必ず警察、消費者ホットライン(※2)に相談してください。

3. 不審メールのリンクや添付ファイルは絶対に開けない。
いわゆるネット詐欺の手口も年々巧妙化しています。もっともらしいメールやSNSのメッセージなどでも、メール本文に張られたリンク先のURLや添付書類は、安易に開けないようにしてください。よく使用するサイトに似せたフィッシング(偽)サイトで、IDやパスワードやクレジットカード情報を入力させて個人情報を盗取するものがあります。もし誤ってリンク先URLを開けてしまっても決して慌てないで!開けただけでは被害が発生しないことがほとんどですので、すぐに画面を閉じて怪しいメールは削除しましょう。

また、添付ファイルを開くとウイルス感染してしまう危険性があります。不審な添付ファイルは開かないように気を付けてください。


また、以前取り上げた“オレオレ詐欺”や“還付金詐欺”(hanon living041 あなたも狙われている!? 約8割が「自分はあわない」と過信している特殊詐欺。)についても、引き続き十分な警戒が必要です。警視庁による特殊詐欺対策コンテンツもありますので、日々進化する犯罪の手口や事例、防止策を確認して、犯罪から身を守るために役立てましょう。

警察庁「ボウハン教室」はこちら