hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

manners / 009

気をつけたい賃貸住宅の住まい方ルール
ご近所コミュニケーションで暮らしを守る

暮らしを気持ちよく、安心できるものにするために大切なことのひとつが、ご近所とのコミュニケーション。特に集合住宅では、同じ棟内でも交流が少なく、お隣さんの顔すら知らないこともよくある話のようです。

顔や姿を見かけても誰なのか分からない、関心もない、挨拶もしない・・・。そんな集合住宅が実は犯罪者に狙われやすいのです。普段から住人同士が声を掛け合う、顔見知りである集合住宅は、犯罪の抑止力になります。

なかなか挨拶のきっかけがつかめなくて・・・、という方も、年始の挨拶はまさに好機! 初めての人同士とでも違和感なく「明けましておめでとうございます」のひと言で挨拶は成立します。また来客の予定があるときなどに、「うるさいときには、言ってくださいね」と挨拶しておくことで、お隣さんも寛容な気持ちにもなるものです。長期不在の場合も、ひと声かけておくと防犯につながります。 安心して快適な暮らしを営むために、挨拶を習慣づけてご近所間の関係性を築きましょう。