Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

manners / 024

気をつけたい賃貸住宅の住まい方ルール
あなたのゴミ出し、大丈夫?
快適な賃貸ライフのために、ルールとマナーを再確認

入学や就職、転勤など、新生活スタートの春。賃貸住宅に初めて住む人も多いでしょう。快適生活の第一歩は、ゴミ出しルールの確認!ゴミの出し方や分別方法は必ずしも全国一律ではありません。可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどの大分類は同じでも、焼却炉の性能や資源リサイクルの方法などによって、分別法や種類、出し方は自治体ごとになります。引っ越したら、まず、ゴミ出しのルールを確認しましょう。

引っ越しは「立つ鳥跡を濁さず」の心構えで。転居計画と合わせて、ゴミ出し計画を立てます。収集回数が少ない不燃ゴミや予約が必要な粗大ゴミは、収集日を調べてゆとりを持って処分を。また、大量の可燃ゴミを一度に出すと、ゴミ収集場所からあふれ、近隣に迷惑がかかります。不用品は早めに仕分け、何回かに分けて出すようにましょう。
転居先で不要になった段ボールは、引っ越し業者に回収を依頼するのが便利。引っ越し料金に含まれている場合もありますので、確認を。自治体の収集日に出す場合は、大量に出すと一度に収集されなかったり、ガムテープを全て剥がす指示があったりするので、気をつけてください。

ルールを守らない人が一人でもいると、住人全員が迷惑するのがゴミ出しです。収集日以外のゴミ出し、前夜から出す、分別しない、分別方法の間違い、指定外のゴミ袋を使用など…ルール違反のゴミは収集されず、カラスやネコに荒らされたり、環境悪化放火の要因にも。ゴミ出しは軽く考えず、一人一人がルールとマナーを守って、気持ちよく新生活をスタートさせましょう。