Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

manners / 031

気をつけたい賃貸住宅の住まい方ルール
寒冷地だけとは限らない!
急な寒波に備える給排水管の凍結対策

季は給排水管などの凍結に注意が必要です。凍結すれば、水が出ない、お風呂に入れないなど日常生活に影響が及ぶだけでなく、給排水管の破損や水漏れ事故など大変な事態を招いてしまうこともあります。「それって、寒冷地の話でしょ?」と思うのは大間違い。去年は大寒波襲来で東京地方全域に低温注意報が発表され、給排水管の凍結や破損などのトラブルが多発。今後も、寒波などによって思わぬ地域で凍結が発生する可能性は否定できません。イザという時のために、凍結の防止や対応策について知っておきましょう。寒冷地暮らし初心者の方も必見です。

気温がマイナス4度以下になると、給排水管が凍結しやすくなります。必ず凍結対策をしましょう。寝る前に蛇口を開け、少量の水を出しておきます(1分間に牛乳瓶1本程度)。長期間留守にするときは、給湯器(給配水管を含む)の給水バルブを閉め、水抜きを。完全に水抜きができないトイレなどには不凍液を入れて凍結を防ぎます。そして、留守中もブレーカーは「入」のままに! 給湯器などの凍結防止用電気ヒーターの通電を確保するためです。※水抜きの方法はメーカーによって異なりますので、必ず取扱説明書をご覧ください。

万が一、凍結してしまった場合、水道管に熱湯を掛けるのは絶対ダメ!急激な膨張で水道管が破裂する恐れがあります。凍結部分はぬるま湯やドライヤーなどでゆっくり溶かします。凍結による破壊力は想像以上。凍結対策をうっかり忘れて後悔しないよう、就寝時には深夜の気温予報もチェックして凍結トラブルを防ぎましょう。