Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

manners / 040

気をつけたい賃貸住宅の住まい方ルール
ステイホームで気付く、
生活音マナーの大切さ

昼も夜も家族が顔を突き合わせる初めてのステイホーム経験。在宅時間が増えて、気付いたことも多かったのでは?周囲の生活音もその一つ。換気で窓を開けたら、近隣からテレビの音や話し声、掃除機の音などが飛び込んできた…ということは、自分の生活音も開けた窓から漏れ出していた!? 子どもが騒ぐ声に腹を立てている人も、リモート会議やオンライン飲み会ではつい声が大きくなって周囲に迷惑を掛けていたかも…!?
の問題では、誰もが被害者意識を抱きやすいといいます。生活する上で音が出るのは仕方がないこと。だからこそ、みんなが近隣に配慮した音のマナーを心掛けて、お互い様と許容し合える音環境を作りたいですね。

特に最近は、生活音の他にも気を付けたい音が増えています。例えば、ステイホームで急増したオンラインのチャットゲーム。夜間、仲間と盛り上がる会話がたちまち迷惑音に。コロナ太りや運動不足解消のために関心が高まる室内トレーニングマシンも、集合住宅では音と振動が床や壁を伝わって他の住戸に不快な騒音被害を与える場合も。外出自粛要請が解除になった今、ランニングやウォーキングは涼しい時間帯を選んで戸外でのびのびと。そして、一人一人の気遣いで近隣トラブルを防ぎ、穏やかな日常を取り戻しましょう。