hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

フライパンで作る、
セロリの香りと塩辛の旨みあふれる
和風スパゲティ

セロリ

セリ科のセロリは、独特の香りを持つ淡色野菜。西欧では古くから薬用の他、肉の臭み消しとして煮込み料理や味のベース作りに使われてきました。香り成分以外にもカリウムやβカロテンも豊富で、油との相性も◎。

9月の食材は「セロリ」
フライパン一つで調味料は不要! というシンプルレシピなのに驚くほど満足感を味わえる一皿です。熟成したイカの塩辛の旨みを調味料に、栄養豊富なセロリの葉まで残さず使って、香りも滋養もたっぷり。暑さに疲れた胃に優しい、和風スパゲティを召し上がれ。

  • セロリ…1/2本(斜め薄切りにする)
  • セロリの葉…1/2本分(ざく切りにする)
  • イカの塩辛…50g
  • 大葉…3枚(千切りにする)
  • 赤唐辛子…1本(種を抜いて小口切りにする)
  • スパゲティ(1.6mm)…180g
  • オリーブオイル…大1杯
  • レモン(くし形に切る)…2個分
  • 刻み海苔…適量

作り方

  1. 各材料の下ごしらえをする。
  2. フライパンに水1Lと塩小1杯(分量外)を入れて沸かし、スパゲティを袋の表示より3分短く茹でる。茹で汁を大3杯取り置き、スパゲティをザルにあける。
  3. フライパンをさっと拭いてオリーブオイルと赤唐辛子を入れて熱し、セロリを炒める。全体に油が回ったらイカの塩辛とセロリの葉、スパゲティと茹で汁を入れてさっと炒め、器に盛る。大葉と刻み海苔を載せてレモンを添える。

photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

井上 裕美子さん

井上 裕美子さんの“ちょっとだけアドバイス”

スパゲティは茹でた後にフライパンでさっと炒めるので、アルデンテに茹でておきましょう。3の工程を手早く調理するために、材料は先に計量して準備しておくとスパゲティが伸びずにおいしく仕上がります。

井上 裕美子さんフードスタイリスト

エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に、『ヘルシー!トスサラダ』『いいことだらけの旬野菜で、今日なに作ろう。旬がおいしい台所』『玉ねぎヨーグルト』(いずれもワニブックス) ※『玉ねぎヨーグルト』は医学監修:木村郁夫