hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

秋の味覚キノコたっぷりの
鶏そぼろ餡かけ豆腐ステーキ

キノコ

低カロリーながらもビタミンや食物繊維が豊富でヘルシーな食材キノコ。食物繊維は腸の働きを整えたり糖質の吸収を緩やかにしたりする働きがあります。秋のキノコは特に香りが良いので水で洗わず風味を生かしたレシピがおススメ。

11月の食材は「キノコ」
シメジやエノキなど香りの良いキノコ類を贅沢に使ったボリューム感のあるメインディッシュ。キノコに含まれるビタミンB2はタンパク質と一緒に摂ると美肌効果がアップするといわれています。ショウガの風味が効いた具だくさんのとろ〜り餡が食欲をそそるヘルシーな一皿。

  • シイタケ … 3枚(石づきを落として5mm幅に切る)
  • シメジ … 1/2パック(石づきを落としてほぐす)
  • エノキ … 1/2パック(石づきを落とし、半分に切ってほぐす)
  • 鶏ひき肉 … 100g
  • 木綿豆腐 … 1丁(厚手のペーパータオルに包んで耐熱皿に載せ、電子レンジ600Wで2分加熱して水気を切り、半分の厚みに切る)
  • 小麦粉 … 小2杯
  • 油 … 小1杯+小2杯
  • 片栗粉 … 大1杯(同量の水で溶く)
  • ミツバ … 適量(ざく切りにする)
A
かつお出汁 … 300cc
ショウガ … 1片(すりおろす)
しょう油 … 小1杯

作り方

  1. 各材料の下ごしらえをする。豆腐は水気を切り、全体に小麦粉をまぶす。
  2. フライパンに油小1杯を熱し、豆腐を並べ入れて両面に焼き色を付け、器に盛る。
  3. フライパンをさっと拭いて油小2杯を熱し、鶏ひき肉を入れて炒める。色が変わったらキノコを入れて炒め、Aを入れて1~2分煮る。水溶き片栗粉を加えて煮立たせ、とろみが出たら豆腐にかけてミツバを載せる。

photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

井上 裕美子さん

井上 裕美子さんの“ちょっとだけアドバイス”

水気を切った豆腐は小麦粉をまぶすことで、カリッと香ばしく焼き上がります。またキノコを炒めるときはあまり動かさず、キューキューと音が鳴るようにフライパンに押し付けて焼くと水分が飛んで、見た目にもおいしそうな焼き色が付きますよ。

井上 裕美子さんフードスタイリスト

エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に、『ヘルシー!トスサラダ』『いいことだらけの旬野菜で、今日なに作ろう。旬がおいしい台所』『玉ねぎヨーグルト』(いずれもワニブックス) ※『玉ねぎヨーグルト』は医学監修:木村郁夫