Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

体の芯から温まる
春菊と豆腐のコクウマ坦々豆乳小鍋

春菊

抗酸化作用のあるβカロテンやビタミンCが豊富で細胞の老化防止が期待できる冬の葉野菜。カリウムやカルシウム、鉄などミネラルも豊富です。独特の香り成分、αピネンやベンズアルデヒドは胃腸の働きを良くして食欲増進や胃もたれ解消などの効果が期待できます。

2月の食材は「春菊」
寒さが深まる季節にいただきたい心身ともにポカポカ温まる坦々小鍋レシピです。白練りゴマと豆乳のコク深いスープに豆板醤で炒めた豚ひき肉をIN。春菊の香りとともに、一人分の小鍋でハフハフしながら召し上がれ。

材料(2人分)
  • 春菊…1/2束(4cm幅のざく切りにする)
  • 長ネギ…1/2本(斜め薄切りにする)
  • エノキダケ…1/2パック(石づきを落とし、半分に切ってほぐす)
  • 絹ごし豆腐…1丁(水気を切り、6等分に切る)
  • 豚ひき肉…150g
  • ニンニク、ショウガ…各1片(みじん切りにする)
  • ゴマ油…小1杯
  • 豆板醤…小1杯
  • 豆乳…200cc
  • ラー油、花椒…適宜
A
酒、白すりゴマ…各大1杯
てんさい糖…小1杯
B
水…200cc
白練りゴマ、味噌…各大2杯
しょうゆ…小1杯

作り方

  1. 各材料の下ごしらえをする。
  2. フライパンにニンニク、ショウガ、ゴマ油を入れて熱し、香りが立ってきたら豆板醤と豚ひき肉を入れて炒める。豚ひき肉の色が変わったらAを加えて混ぜる。
  3. Bをよく混ぜて2つの小鍋に等分に入れて沸かし、豆腐、豆乳を順に入れて弱火で温める。長ネギ、エノキダケ、春菊の茎、2をそれぞれ等分に加えて1分ほど温め、火を止めて春菊の葉を載せる。お好みでラー油と花椒を掛ける。

photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

井上 裕美子さん

井上 裕美子さんの“ちょっとだけアドバイス”

豆乳は沸騰させると固まって舌触りが悪くなるので、入れたら弱火で温めるようにします。弱火で火が通るように、長ネギは薄切りに。春菊の葉は生でも食べられるので最後に加えると、歯ごたえ良く仕上がりますよ。

井上 裕美子さんフードスタイリスト

エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に、『ヘルシー!トスサラダ』『いいことだらけの旬野菜で、今日なに作ろう。旬がおいしい台所』『玉ねぎヨーグルト』(いずれもワニブックス) ※『玉ねぎヨーグルト』は医学監修:木村郁夫