Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

美肌コンビ=絹サヤ&鶏そぼろの
ふわトロ卵とじ丼

絹サヤやスナップエンドウ、インゲンには、抗酸化作用や免疫力を上げる働きのあるビタミンCやβ-カロテンが豊富に含まれています。さらにインゲンにはビタミンB類、食物繊維もたっぷり!

4月の食材は「豆」
エンドウ豆の未熟なサヤを若採りした絹サヤは春を告げる野菜のひとつ。卵とのコラボは美肌効果があるとされています。定番の親子丼をアレンジして、やわらか食感の絹サヤ&鶏そぼろを一緒に卵でふわっととじた春らしい丼レシピをご紹介します。

材料(2人分)
  • 絹サヤ…50g(筋を取り、2〜3等分に斜めに切る)
  • 鶏ひき肉…150g
  • 卵…3個
  • 温かいご飯…2人分
  • 甘酢生姜…適量
A
水…100cc
しょうゆ…大1+1/2杯
酒、みりん…各大1杯
てんさい糖…大1/2杯

作り方

  1. 各材料の下ごしらえをする。
  2. 小さめのフライパン(または小鍋)にAを沸かし、鶏ひき肉を入れて菜箸でかき混ぜる。沸騰させてアクを取り、2分ほど煮る。絹サヤを加えて更に1~2分煮る。卵を溶いて2回に分けて回し入れ、フタをして火を止め、30秒ほど蒸らす。
  3. 丼にご飯を盛って2を載せ、甘酢生姜を添える。

photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

井上 裕美子さん

井上 裕美子さんの“ちょっとだけアドバイス”

卵を回し入れると鍋の縁から固まってくるので、菜箸で中央に寄せるようにします。2回目も縁から卵を回し入れ、フタをして余熱で火を通しましょう。白身が白くなったら、お玉でご飯に載せてください。

井上 裕美子さんフードスタイリスト

エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に、『ヘルシー!トスサラダ』『いいことだらけの旬野菜で、今日なに作ろう。旬がおいしい台所』『玉ねぎヨーグルト』(いずれもワニブックス) ※『玉ねぎヨーグルト』は医学監修:木村郁夫