Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

食物繊維をたっぷり含む、野菜と豆ときのこを使った
旬のハマグリチャウダー

食物繊維

腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えたり、便のカサを増やしてお通じを良くしたりする食物繊維。他にも、コレステロールを絡め取って体外に排出させる、糖の吸収を穏やかにして食後血糖値の急上昇を防ぐなどの働きがあります。多く含まれる食品は、ゴボウやブロッコリーなどの野菜、豆の皮の部分、きのこや海藻など。複数の食品を組み合わせることで効率良く取ることができます。

4月のテーマは「食物繊維」
生活環境や気候の変化によってストレスを受けやすい春は、自律神経のバランスが崩れて腸内環境も乱れがち。そんなときにおススメしたいのが、食物繊維たっぷりの具だくさんスープです。食物繊維を多く含むブロッコリーとひよこ豆、マッシュルームの合わせ技で、腸内環境の向上を目指しましょう。

材料(2人分)
  • ハマグリ…6個(砂抜きをして、殻をこすり合わせるように洗う)
  • ベーコン…2枚(細切りにする)
  • ブロッコリー…1/2房(小房に分け、大きければ半分に切る。茎は皮をそいでさいの目に切る)
  • マッシュルーム…6個(薄切りにする)
  • ひよこ豆(水煮)…100g(さっと洗って水気を切る)
  • バター…15g
  • A
    だし昆布…5cm角
    水…200cc
    B
    牛乳…200cc
    生クリーム…100cc

作り方

  1. 鍋にAを入れ、各材料の下ごしらえをする。
  2. 1の鍋を火にかけてハマグリを入れる。沸騰直前に昆布を取り出す。フタをして蒸し煮にし、ハマグリの口が開いたらアクを取る。ザルでこしてだし汁とハマグリを分け、ハマグリは身を外す。
  3. 鍋にバターを入れて熱し、ベーコン、ブロッコリー、マッシュルームを入れて炒める。全体に油が回ったら、ハマグリのだし汁とひよこ豆を入れ、沸いたら弱火にして5分ほど煮る。ブロッコリーを木ベラで軽くつぶして、Bを加えて温め、ハマグリの身を戻し入れる。

photo:chisato hikita , food stylist:yumiko inoue

井上 裕美子さん

井上 裕美子さんの“ちょっとだけアドバイス”

ハマグリの身を外す時は、殻が熱いので火傷に気を付けてください。外した身は乾燥しないように、ラップを掛けておきましょう。

井上 裕美子さんフードスタイリスト

エーツー所属。笑顔が素敵なフードスタイリスト井上さんは、雑誌や広告などで活躍中。レシピ提案からスタイリングまで幅広く手がけています。著書に、『ヘルシー!トスサラダ』『いいことだらけの旬野菜で、今日なに作ろう。旬がおいしい台所』『玉ねぎヨーグルト』(いずれもワニブックス) ※『玉ねぎヨーグルト』は医学監修:木村郁夫


栄養監修:京須 薫さん (管理栄養士)