hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

【レイアウト編】1つの間取り、100の暮らし

1LDKの間取りを、ユーザー別に
とことん生かした住まい方

4月から開講した「レイアウト編」は、2LDKの間取りで、住まい方の変化やバリエーションを提案してきました。また9月と10月は、キッチン洗面脱衣室など、エリアを絞ってご紹介しましたね。さて今月は1LDK。「いろいろな広さの間取りでも教えてほしい」というお声に応えて、学生からシニア層までさまざまな世代や環境の人が住める、1LDKでの住まい方を考えてみましょう。

LDKと寝室をバランスよくエリア分けした
オーソドックスなスタイル

どの世代でも暮らしやすいシンプルなプラン。対面キッチンの前をダイニング、残りのスペースをリビングに使い、クローゼットのある部屋は寝室として利用します。リビングダイニングは、それぞれが窮屈にならないように家具はコンパクトタイプをセレクト。テレビ台も大きすぎないものを選びましょう。キッチン横のスペースには奥行き30cmの棚を置いて、生活雑貨などの細々したものを収納するスペースを設置。棚の一つを腰の高さに抑えて、上に飾り物を置くスペースを作ると、より愛着のわく部屋になるでしょう。南側のプライベートスペースは、少しでもフリーな空間を残すためベッドの長辺を壁につけて配置。サイドテーブル代わりに奥行き15~20cm程の台をベッドのヘッド部分に置きました。

床座スタイルのリビングダイニングで
寛ぎ方の自由度をアップ

結婚生活のスタートとして選ばれることが多い1LDKですが、限られた空間を共有して使うので、お互いストレスにならないように、生活スタイルに合わせて賢く住みたいですね。そんな二人暮らしのウォーミングアップとしておススメなのが、床座のリビングスタイル。座って食事や書き物をしてもよし、ゴロンと横になってもよし。腰を下ろす位置や視線の向きが変わるだけでくつろぎ感も変化しますから、それぞれが居心地のいい場所を見つけられます。また、ダイニング側から使えるキッチン背面のオープン棚には取り皿やカトラリーなどを収めて、調理とテーブルセットの家事分担をするのも、新しい生活スタイルの形成にひと役かってくれるしょう。寝室のクローゼットは、洋服が入りきらないことが考えられるので、使用頻度の高いコートなどは寝室のハンガーラックに掛けましょう。

自宅で勉強や仕事をするなら
しっかりデスクコーナーを作りましょう

学生や社会人など、自宅で資料を広げて作業することが多い人のためのデスクコーナーを設けたプラン。リビングの一角にデスクコーナーを作りました。机はあえて大きめにし、横に向けた本棚を並べて資料にすぐ手が届くように配置。集中できるよう、ソファーやテレビなどは視界に入らないよう背面に。一方、ダイニングテーブルはコンパクトなガラス製のハイテーブルを選び、おしゃれな雰囲気を演出しました。ソファーは来客に対応できるソファーベッドをセレクト。ダラダラしてしまいがちな自宅作業ですが、視線の流れを含めたエリア分けで、メリハリの効いた時間の使い方できるはず。また、テレビ台の後ろは、扉を壁に見立て寝室側にも棚を配置してみました。

リビングを窓側に設定することで
家での過ごし方が変わります

60~70代のアクティブシニア層の1LDK住まいも増えていますね。家で過ごす時間が多いので、いろいろなくつろぎ方ができると生活にメリハリが出るのではないでしょうか。その一つとして、ベランダの前にプライベートリビングをつくるのはいかがでしょう。
同じ家でも、外の景色を感じながら過ごすとまた違った感覚でくつろぐことができますよ。一方、本来のリビングダイニングは、パブリックな空間に位置づけ。ダイニングテーブルは4人掛け以上にしておくと、気軽にお客様を呼べて便利ですよ。座面の広い肘付きの椅子を選ぶと、おもてなし感覚で座れます。壁面の家具はシンメトリーにして重厚感のある雰囲気を演出。テレビの角度を変えるとベッドに横になりながらテレビも見られます。

今回のCASE3で紹介したデスクコーナーを、ひとつの商品で叶えてしまう本棚付きデスクのご紹介。資料をたくさん置ける本棚タイプやプリンターなどのOA機器を置けるものまでいろいろなタイプが選べますよ。


LOWYA 「パソコンデスク 棚付き 収納ラック一体型」

column “キッチン掃除に役立つプチアイテム”

もうすぐハロウィン! そしてクリスマス、お正月と、ホームパーティーシーズンの到来ですね!パーティーの前に、ぜひチェックしてほしいのが「水栓金具の汚れ」。洗面台で手を洗ったり、キッチンで後片付けを手伝ってもらったり、水回りをお客さまが使うことも増えますよね。その時、水栓金具がピカピカだと、部屋全体がキレイに見えるんです!やり方も簡単。乾いたタオルでから拭きするだけ! 余裕があれば、洗面台の鏡の汚れもサッとひと拭きしてくださいね。 すっきり片付いて見えるリビングのポイントのコツを知りたい方は「LIVINGくらしナビ」もご覧ください。

LIVINGくらしナビ第8回 「3つのキーワード」でリビングをキレイに! ※ 外部サイトへ移動します

近藤 典子さん

近藤 典子さん住まい方アドバイザー

2000軒以上の暮らしの悩みを解決し、その経験から生みだされた近藤流の暮らし提案が好評。TVや雑誌などメディアや講演会での活動の他、企業との商品開発、住宅の間取り監修など幅広く活躍中。特に「暮らしアカデミー」校長として後進の育成に力を入れ「住まい方アドバイザー」の資格取得ができるスクールを東京・大阪で開講。現在2018年9月開講の第4期 申込受付中。近著に『住まい方ハンドブック1・2』(東京書籍)がある。近藤典子Home&Life研究所のHPは、www.hli.jp