Menu

hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

【レイアウト編】1つの間取りに100のライフスタイル

収納が少ない3DK。
家具の配置や収納グッズを活用すると、
格段に住みやすくできます!

二人以上での暮らしにおススメの3DK。築浅物件には各部屋に十分なクローゼットが付いていることが多いのですが、年数が経っている物件は収納が少なめの場合も……。「内装はきれいなのに、収納がちょっと不安です」と、いう声も聞こえてきます。そこで今回は、3DKに暮らす3組の家族に合わせたD-roomの住まい方をご提案! 少し発想を変えたら、こんなオーダーメイドな住み方を手に入れられますよ。

お互いの連れあいに先立たれ、
D-roomで二人暮らしをはじめたシニア姉妹の3DK

バルコニー側の和室と洋室はそれぞれの個室に。ポイントは奥の洋室をお互いの荷物置場にしたことです。 使用頻度の少ない家具や季節物の雑貨、衣服を一室にまとめることで、家事動線を確保しつつ、マイペースで暮らすことを意識した提案です。

POINT
  • ダイニングキッチンは、姉妹でつもる話をする楽しい空間。新生活を機に心機一転。移動しやすくシンプルなダイニングセット食器棚を、 通販サイトで購入しました。組み立ては、有料のサービスを利用するか、子どもたちに任せるのも一案ですね。
  • ダイニングチェアは2脚あれば十分。余った2脚はお互いの部屋で、ナイトテーブルとして使用するのもオシャレです。また、積み重ねられるタイプのスツールをいくつか購入して、奥の洋室に置いておくと便利ですよ。
  • お互いの部屋の壁にはつっぱりタイプの「ひっかけ収納」を追加。何がどこに掛かっているか、ひと目で分かる 「おでかけセット」をまとめておくと便利です。また、押入れに洋服を掛けたい場合は、市販の押入れ下ハンガーを利用すると、収納力がグンとアップしますね。

両親が突然の海外赴任。
残った子どもたちが、D-roomで3DK暮らしをスタート

社会人の長男と大学生の次男、短大に通う長女。実家の使わない家具はトランクルームに保管しましたが、ダイニングテーブルや冷蔵庫など、共有スペースで使える家具や家電はできるだけ使用。ダイニングルームには、コンパクトな家電と食器を置けるキャビネットを購入しました。

POINT
  • 社会人の長男は、バルコニー側の和室。実家で使っていたソファラグを置き和モダンに。シャギータイプのラグはホットカーペットとしても使えるので、冬は弟や妹がこの部屋に集まりそうです。
  • アルバイトに忙しい大学生の二男は、奥の洋室が気に入ったそうで、ゲームをしたり、たまには新調したで勉強も。 もともと余分なものを持たない性格なので、備え付けられた半間の収納スペースで十分のようです。
  • 長女の部屋は、バルコニー側の収納のない洋室。おしゃれに夢中で、3人のなかで洋服が最も多いことから、ワードローブを2台購入しました。このワードローブは棚板を足すことができるタイプ。吊るすだけでなく、畳んで重ねることで収納力がアップしました。シンプルな布製のカバーを付けると、目隠しにもホコリよけにもなりますよ。

新婚ホヤホヤの3DK。
マイホームを買うまでのD-room生活

新婚の二人が選んだ3DK。近い将来マイホームを購入したいので、ベッドなどの大型家具の購入は控え、どうしても必要な家具だけ買い揃えました。3DKの二人暮らしは広さや収納に余裕あり。特に和室は、布団を敷いて寝室にすれば、ちょっとした家事や収納にも柔軟に使えます。

POINT
  • ダイニングルームには、すっきりデザインのダイニングセットと、炊飯器やレンジが置けるキッチンカウンターを購入。まとまりにくい家電の指定席をつくることで、家事もしやすくなります。
  • リビングルームには、組み換え自由なフリースタイルのソファを購入しました。L字型に配置して足を伸ばしたり、横になったり、カウチのように使えるお気に入りの家具です。
  • ダイニングルーム横の洋室は集中収納スペースです。洋服収納に欠かせないクローゼット引き出し収納を2つずつ購入。外出前の身支度はこの部屋で完結できるように、ベンチと全身ミラーも設置。まるでワンルームクローゼットですね。

夏に開催された「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019」で、私が考える「DIYの視点を入れた住まいの提案」を展示させてもらいました。その折に他の展示ブースで目に留まったのが「ハグブロック」。ブロックのようなパーツに板をギュッと挟む構造で、あっという間に棚ができて簡単。これなら「DIYはハードルが高くて」と思う人でも、手が出しやすいですね。特におもしろいと思ったのは、組み替えができること。一度作ったら終わりではなく、自分に必要な棚に組み替えることができるので、模様替えや転居にも対応可能ですものね。

HUG BLOCK(ハグブロック)

column

最近意識してやっていることの一つに「洋服を脱いだら、ポケットをひっくり返す」こと。何気ないことですが、洋服の長持ちやモノの行方不明対策になります。先日もず~っと見当たらなかったイヤリングがひょっこり出てきて、なんだか得した気分になりました。逆に、ティッシュをポケットに入れたまま洗濯してしまい、悲惨な思いをしたことも。この方法で解消できますよ。

近藤 典子さん

近藤 典子さん住まい方アドバイザー

2000軒以上の暮らしの悩みを解決し、その経験から生みだされた近藤流の暮らし提案が好評。TVや雑誌などメディアや講演会での活動の他、企業との商品開発、住宅の間取り監修など幅広く活躍中。特に「暮らしアカデミー」校長として後進の育成に力を入れ「住まい方アドバイザー」の資格取得ができるスクールを東京・大阪で開講。近著に『住まい方ハンドブック1・2』(東京書籍)がある。近藤典子Home&Life研究所のHPは、www.hli.jp