hanon

[はのん] 生活を楽しむあなたに贈るライフスタイルWebマガジン

コバエはどこからかやってくる?
暑い季節のコバエの駆除法と、発生させない
対策アドバイス。

ムンとした熱気と共に、どこからともなく現れる小さくて動きの速いコバエ。 見かけた途端に気が滅入りませんか? 清潔にしているつもりなのに、一体いつどこから発生するのか気になるところです。そこで今月はコバエの駆除法と、発生源そのものを断つ予防方法をご紹介しましょう。

この夏こそ、我が物顔で部屋を飛び回るコバエを一掃!

コバエ駆除には、コバエの習性と好みを知る。

冒頭の写真、このガラスの器は何でしょう? 一見、優美な曲線の花器のようでもあり、不思議な形の化学実験器のようでもある、その正体はハエ取り器。食品の臭いを好むハエの習性を利用して、おびき寄せて捕獲する、先人の知恵による利器です。

夏場、キッチンなどでいつの間にか飛びはじめるコバエですが、実は“コバエ”というのは、数千種にも及ぶハエの中で小さいサイズのハエを示す総称。屋内でよく見かけるコバエは4種類ほどだといいます。食品を好むショウジョウバエや、動きがすばしこいノミバエ、観葉植物など植木が発生源のキノコバエ、そして汚れた排水口から発生するといわれるチョウバエなどがいて、一口にコバエといってもそれぞれに発生源や対処方法が異なるのです。

ここ数年、ショウジョウバエの駆除法として話題なのは、めんつゆを活用したハエ取り方法。ガラス製のハエ取り器も、食品を好んで寄ってくるという性質に目を付けて作られているといいますから、昔の人の知恵には学ぶことが多いですね。

突如発生!? コバエはどこからやってくる?

ところで、よく“コバエがわく”という表現をしますが、コバエが急に大量発生したように感じるのは、幼虫の頃は動きが見えず、一気に成虫になるからだそうです。例えば、キッチンに発生しやすい代表選手のショウジョウバエは、腐って発酵が始まった野菜カスや果物の皮など、いわゆる生ゴミや腐った植物、またもともと発酵しているぬか味噌などを好んで卵を産みつけ、10日ほどで成虫になります。

通称「めんつゆトラップ」といわれるめんつゆを活用したショウジョウバエの駆除法は、アルコールを含んでいるめんつゆ(ビールなどでもOK)をペットボトルなどに入れ、5倍の水で薄めて中性洗剤を数滴垂らし、キッチンのゴミ箱近くなどに置いておきます。臭いにおびき寄せられて水面に止まろうとしたコバエが、中性洗剤で動きを封じ込められるのです。ただし、卵を産みつけられてしまうと10日ほどで成虫になってしまうので、必ず10日以内にトラップ自体を処分してください。

市販品で、ショウジョウバエやノミバエの駆除に有効なのは、アース製薬の「コバエがホイホイ」。どことなく形状がガラス製のハエ取り器に似ていますが、コバエが好きな臭いで誘い捕獲するという方法も似ていますね。処理も簡単なのでおススメです。

コバエの発生源を断つ秘訣は、キッチンを清潔に保つこと。

駆除をすれば一旦すっきりはするものの、一番大切なのはコバエそのものを発生させないこと。そのポイントをご紹介しましょう。

まずは、生ゴミを放置しないこと。コバエの好物は、食品が発酵してできるアルコール分の中の天然酵母。特に三角コーナーや排水口の水切りカゴは格好の餌場ですので、小マメに生ゴミを捨て、熱湯をかけて消毒を。
また生ゴミはしっかり水を切ってビニール袋などに入れて密封し、フタ付きのゴミ箱に捨てましょう。ニオイが漏れるとコバエがすかさず寄ってきます。繰り返しになりますが、10日以上の放置は禁物です。

そして、洗い物を放置しないこと。洗い物は明日の朝に……と、食べ物のカスや調味料が付いたままの食器をシンクに放置していると、臭いにつられてコバエが寄ってきます。食後はすぐに洗い物を済ませましょう。

コバエが好むアルコールが入っていた空き瓶や空き缶も、よくすすいでから捨てるようにしましょう。回収日まで放置しているとコバエはもちろん、さまざまな虫をおびき寄せることになりかねません。

動物の糞のニオイに引き寄せられて、コバエが卵を産み付けてしまわないように、ペットのトイレは小マメに掃除を。枯れてしまった植物もすぐに処分。また観葉植物の近くでコバエを見つけたら、すぐに受け皿の水を捨て、木酢液を散布するなどして発生させないことを心掛けてください。

こうしてポイントをまとめてみると、何事も後回しにせず、すぐに対処することがコバエの発生を防ぐ秘訣のようです。キッチンだけでなく、住まいをいつも清潔に保つことを心掛けて、コバエ知らずの快適な夏をお過ごしください。

  • 参考文献:
  • 『家の中のすごい生きもの図鑑』 久留飛 克明(山と渓谷社)/ 『ハエ学―多様な生活と謎を探る』篠永 哲・嶌 洪 著(東海大学出版会) / 『ファーブル昆虫記〈7〉アリやハエのはたらき』奥本 大三郎 著(集英社)